線と点ー朝、遅刻について

今日は久しぶりにゆっくり歩いて駅まで向かった。 いつもはギリギリまで眠っていたい自分の性分に逆らえず、家を出て、駅までの道を走って行くことになっている。 これは中学生の頃からそうで、それ以来学校や会社という朝、決まった時間に行かねばならないというコミュニティに所属している以上、殆ど優雅に過ごしたこ…… ▼READ MORE
     

線と点ーエピローグと一人称について

誰にも読まれないことを前提に、文章を書いている。 公開こそすれ、ほとんど関心を持たれることがないような、毒にも薬にもならない文章は、ほとんど公開していないのと一緒だからだ。 しかも、ある程度まとまった量の文章を一回に書きたい。そうなるとさらに読む人が減るという二重のフィルターをかけることになる。…… ▼READ MORE
     
IMG3

『茶』×『梵』蝋藉ノ器 澁谷 梵 個展 2014 3/15~3/30

この度、北浜で初個展をすることになりました。 今回はギャラリーではないこともあり、 普段とはまったく違う完全に作りこんだ自分の世界観をお見せできると思います。 澁谷 梵 個展を結音茶舗にて行います 期間 2014/3/15 〜3/30 【入場料無料】 ※茶席代別途 80…… ▼READ MORE
     

雨の降る寒い日 14 ‘2,8

雨が降る寒い日。 手がかじかむけれど、外には出たい。 手袋がないからポケットに入れる。煙草に火をつける。 傘をさす。 小雨。 音楽を聴きながら歩く。 頭の中では、音楽がカラカラと回っていつの間にか消える。 何も覚えていない。 聞いてはいたけれど、いつの間にか終わっていた。 たまに、ふっと、そ…… ▼READ MORE
     
20140207-090705.jpg

何もしないということー14′ 1-31

何もしないということは罪だ。 本当は目の前にしなければならないことが山積しているのに、とりあえず無視して布団に入っている。 体力がないというのは、本当に困る。 少し詰め込まれただけで、言い知れぬ程体力を消耗する。 朝はあんなに元気だというのに、夕方、夜となると気持ちとは裏腹に、体は地面と並行になり…… ▼READ MORE
     

年が明けた-2014’1.10

気付くと年が明けていた。 ある1年が終わって、新しい一年が始まったのだ。 その境目は、昨日と今日と代わりのないものだけれど、その部分だけは妙に大きな差があるような気がしていつも特別な気持ちになる。 ほとんど新しい世界が始まったのではないかというような、そういう得も謂れぬ特別な1分一秒によって裁断され…… ▼READ MORE
     
20131210-090622.jpg

巡り合わせー13’12/06

巡り合わせ、と聞くとなんとなくロマンチックなような、暖かいような、そういうちょっとポジティブな気持ちになる。 なんとなく絆、とか、よくわからないけどそういったものを連想して、あぁ、一期一会、何ものとの出会いでも、大事にしたいと思ったりする。 いや、そこまではない、飛躍し過ぎてしまった。 兎角、年賀…… ▼READ MORE
     
かぐや姫の物語

かぐや姫の物語ーかぐや姫の犯した罪と罰

2013年11月23日公開、思ひ出ぽろぽろや、火垂るの墓、となりの山田君などを監督したスタジオジブリ、高畑勲監督の14年ぶりの新作だという。 そんなことを情報番組やら何やらで知った。 自分はあんまり映画を見る方でない。むしろ、年に数本しか見ない。 それでも見たら割と感動したり、何やらあるし…… ▼READ MORE
     
20131206-200046.jpg

朝ー日記13’11/30

朝というのは何と無く透き通っているような気がして、その日、一日で一番新鮮で清々しい。 休みの日はそう思う。 しかし仕事ともなれば、そんな風に思ったことは今までに一度だってない。 ましてそれが今日の様に土曜日なのに大掃除のために出勤ともなれば、外は晴れでも自分にはどんより暗い一日になる。 晴れ、 お…… ▼READ MORE
     
20131129-202540.jpg

思案ー日記13’11/29

思えば、日記をつけるというのは久しぶりだ。 ものを書くのは好きだが、いつも無駄に長い文章を書いてしまうので、時間がかかってやめてしまう。 書きたいことがあるわけで無い、その日に何かあったわけで無い、だけども、書いておくと後で読み返した時に妙な感慨があったりする。 感慨、思案に耽る。 こう…… ▼READ MORE