気付くとすごく時間が経ってた。

気付くとすごく時間が経ってた。頭の中を整理するのにいいかなと思って始めたはいいけど、結局全然書いてない。昔のやつも読み返したりしない。余程気が向いたら読み返すけれど、そういうことが少ないので読み返したりしない。

高校生の頃、ほとんど毎日みたいに書いてたことあったけど、あの日記どこに流れてしまったのかもう、覚えていない。
大学に入ってしばらく同じように書いたけど、それももうどこにあるのか覚えていない。
残っているのか残ってないのかさえも知らない。

残っていたら全部抽出してずっと残しておけるようにしたい。あの頃の自分を残しておくのも悪くないと思うし、自分1人で見返す分には、誰の損にも特にもならないはずなので、神様も許してくれるはず。

これから展示があるけれど、昨年の自分はその展示の後、公募に落ちて、あんな日記を書いたみたい。もちろんそのあとどんな風な1年を過ごしたのか自分は知ってる。あの時の悔しい気持ちももちろん持ってる。

どっかで公開するのやめようと思ってたけど、結局面倒になってやめてない。

今度は続きますように。